カナダ移民になりました!

昨日、やっと、やっと。
パーマネントレジデント!
になりましたよ~
これで、保険も申し込めるし、大きな顔して
働けるし。

やったやった~。

詳しく何をしたかというと。

永住権ビザと送られてきた書類を持って、ナイアガラへ行って
歩いてアメリカ側へ渡れるレインボーブリッジに。

50セントと地下鉄のゲートみたいなやつに入れて、
前に進むと、カナダ出国~。
ちょっと橋の上を真ん中くらいまであるいて

「ここには自由がある~!!(アメリカだから;笑)」とか
アホなこと言いながら写真撮ったりして
引き返す。
c0194046_23364778.jpg


アメリカ側に入ってもいいんだけど、なんせただ入るのに6ドル払って
アメリカ入国の書類(めんどくさい)を書かないといけなくて
その上「なんでアメリカに来たんだ?」と聞かれるはずだし
そういうのめんどくさい~と思ったので
いきませんでした。(笑)

入管のお兄さんに「移民のランディングできました」
というと黄色い紙をくれて、隣のビルへ行くようにいわれ
向かうと、
その隣のビルというのがイミグレーションオフィスでした。

イミグレのオフィサーにパスポートと黄色の紙渡して、
「同伴者は誰だ?誰が一緒にいるんだ?」と聞かれたので
「ハズバンドが一緒にいますが・・・」というと
「彼のパスポートも。」と

なぜか処理にあんまり関係ないと思われる
(だって1人で来てたらどうするのよね?)
KENちゃんのパスポートも渡すことに。
まぁ、一緒にいたから次いでにってことなんだと思うけど。

土曜の夜は、移民する人が多いのか、なんなのか
待つこと30~40分。

オフィサーが困ったように誰かを探している。

私の写真のページを見せて「これ君??」とジェスチャー(笑)

そりゃそうやわな~21歳のときに作ったパスポートやもん。
写真の顔、違ってるよな~。

ショック。(笑)

「昔の写真だからね~はははは」と言いながら
カウンターへ向かい、移民局から届いた書類を渡すと
記述情報の間違いがないかの確認があり
最後にサインをして、書類の最後のページを
ホッチキスでパスポートに留めてくれた。

「これが当面の永住権の証明書となって
保険や社会保険番号の取得の時に
使えますよ。ちゃんとした永住権カードは
4週間くらいしたら送られてくるはず。 おめでとう~!」

とパスポートを返却してくれておわり!
とってもナイスガイなオフィサーで良かった。

私の移民申請プロセスはこれにて終了。
お疲れさまでした。


注:人によっては、個別に部屋へ連れて行かれたり、
  色々と質問されたりすることもあるようなので
  これはあくまで私の経験です。
  
[PR]

by kayokojones | 2010-07-18 23:41 | カナダ-Toronto