カテゴリ:国際交流( 2 )

Keep the SWY Sprits Alive in Toronto

私がファシリテーターとして参加した内閣府国際交流事業の
第21回「世界青年の船」メンバーがトロントに集まりました!
詳しくはこちら
内閣府青年国際交流事業

オンタリオ在住のカナダex-PY(ex-PY=既参加青年)だけでなく
旅行に来ていたUAEのex-PYと
トロントでビジネス英語のディプロマコースに通っている
VENEZUELAのex-PYも一緒にKenjington Marketへ食事に行きました。

c0194046_76891.jpg


下船してからまだ3ヶ月弱というのに
相当会ってないような気がするのは、
船の中で毎日毎日顔を会わせていたせいだと思います。

日本では全体の参加人数も多いのでもう少しみんな頻繁に
会ったりすることができるのですが、
カナダは広いので既参加青年同士が直接会って話をしたりする機会も
なかなか持てないのが少し残念です。

今回もトロント近辺に在住なのは2人だけ。
後は、車で約1時間くらいかけてはるばるやってきています。
といってもカナダ人には1時間のドライブは、
日本で言うところの20分くらいかそこらの感覚みたい・・・

でもこうやってSWYスピリットは世界中で毎年広がり続けています!
次はSWY17のメンバーに会いたいなー。

みんな元気そうでよかった!
[PR]

by kayokojones | 2009-05-29 20:41 | 国際交流

世界青年の船

The Ship for World Youth

私が1月18日から勤務する内閣府青年国際交流事業「世界青年の船」について、ちょっとご紹介したいと思います。

商船三井のにっぽん丸という船に乗って、日本参加青年約120人と海外参加青年約140人(13カ国より)が船上での共同生活を通じて国際交流を図るというものです。

今年1月で第21回になるこの事業。私は、23歳の時に17回に参加しました。今度は、この約300名近くになる青年たちの船上メインプログラムであるコースディスカッション(テーマ別の討議セッション)のファシリテーターとして乗船することになりました。

まぁ難しいことは置いといて、船上での閉ざされた空間での国際交流は非常~~~~に密度が濃いです。船から見える景色、360度の大海原と毎日その表情を変える夕日も本当に素晴らしいです。

でも、何より素晴らしいのは、、世界各国から考え方、習慣も違う青年らとの出会いです。
c0194046_223051.jpg

この出会いは私を大きく成長させました。もっと自分の国のことを知ろう。日本の素晴らしさを確認しようと思うのと同時に、もっと差別のない平等な視点でものを考えようと思うようになりました。また13カ国に家族も同然の友人ができたこともこの事業での大きな収穫です。
c0194046_2232568.jpg


第21回世界青年の船は、1月23日に横浜港を出発し、ニュージーランドのオークランド、トンガのヌクアロファを目指します。

今度はどんな仲間に出会えるか楽しみです。

第17回世界青年の船の写真です。
c0194046_2235314.jpg


いい顔してますね~みんな。
そしてSWY17ファミリーです。
[PR]

by kayokojones | 2009-01-08 00:05 | 国際交流